Since 27/May/1997 A Dog of Flanders

CONTENTS MENU
Corner Top
PATRASCHE
end_of_button
flanders_logo
bar
TV NewsPaper Books
アントワープ市庁舎(Antwerp City Hall)

アントワープ市庁舎
市庁舎 ネロがアンワープの絵の学校に行けるという「絵のコンクール」に出展し、その結果が発表された場所とされているのがこの"市庁舎"です。ネロはこのコンクールに全てをかけて作品 を作りますが、願いは叶わず「ステファン・キース・リンゲル」という別の人が受賞します。失意に沈むネロはこの市庁舎を出て何を思ったのでしょう...ノートルダム大聖堂と広場を はさんだ場所にこの「市庁舎」はあります。


ブラボーの像
市庁舎から見たノートルダム 広場は市庁舎を始め四方に、数々の"ギルド"(組合)の建物が連立する建物の中心にあり、そこにこのブラボーの像が立っています。この土地に昔から伝わる話で、悪さをする巨人ア ンティゴンを倒しその腕を切りスヘルデ川に投げ捨てたという話は有名です。地名がAnt(手)werpen(投げる)という意味からもこの昔話が重要かお分かりいただけるでしょう。 その勇者ブラボーの像がまさに市庁舎の前にあり数ヶ所から噴水が出ていて像の回りが池のようではなく直接地面に水が落ちている作りになっています。

またノートルダム大聖堂側の広場にはルーベンスの銅像があり、そこからアントワープ中央駅に向かった方角にはルーベンスの弟子であるファン・ダイクの像もあります。


市庁舎から見たノートルダム大聖堂
ブラボー この風景は一番上にある市庁舎の写真(ちょっとわかりずらいかもしれませんが)の中央2階の窓から撮影したものです。市庁舎には各国の国旗がモザイクの様に掲げられ ているので(勿論日本の国旗もあります)そのすき間から撮影したのです。ここから見下ろす広場の風景はまた格別でcafe(これがまたじつに多い)で食事をする人や犬を 散歩している人々の動きがよく手に取るように分かります。

また以前有名な日本人がここに来たといっていたので誰かと聞けば"Hirohito"と言ったので"?"と一瞬思ったのですが、なんと昭和天皇でした!(ビックリ!)しかし高くそ びえ立つ姿がこの写真からもお分かり頂けると思います。


市庁舎内部
市庁舎内部 市庁舎内部 市庁舎の内部はバロック調のデザインで茶色を基調とした建物です。建物中央の吹き抜け(左)や中世に裁判の行われた(右)部屋も実に美しいです。


K.Oshima 7/September/1998

BACK

A Dog of Flanders

空間スペース for IE
Space_Bar