孤独という悲しみ

真冬に裸足で…「異変」目撃相次ぐ 逮捕の両親、葬儀で号泣も(産経新聞)

3歳の長女に十分な食事を与えず、育児放棄(ネグレクト)の末に衰弱死させたとして、義父の大工の男(22)=大阪府茨木市西河原北町=と同居の妻で実母の無職少女(19)が殺人容疑で逮捕された事件。自宅周辺ではやせ細った長女が寒空に閉め出される姿もたびたび目撃されていたという。

あまりにも悲しく、亡くなった3歳の子がどれほど辛い思いをしたか・・・記事を読むだけで心が張り裂けそうになってしまうのに、この3歳の子がどんなに辛かっただろう、悲しかっただろう、そう思うと涙が止まらなくなってしまう。何気ない日常の中でふと子供に目を向けると、知らない怪しいおじさんがこちらを見ているとばかりに母親のところに逃げてしまう子供や、むしろこちらを見てニコッと笑う子供。子供の数だけ対応は様々だけどこのあたり前の風景がどれだけ幸せなのか思わずにはいられません。

あまりに悲しいこの出来事に、私はただただ神様にこの亡くなった3歳の子が天国に導かれ平安であることを祈りたいと思います。何度も何度も

Leave a comment

0 Comments.

Leave a Reply

( Ctrl + Enter )